皮膚筋炎/多発性筋炎

自己免疫が筋肉を「異物」として攻撃する疾患です。

<多発性筋炎>
筋肉に炎症が生じることで筋肉が破壊され、力が入りにくくなり、筋肉を動かしたときに痛みを感じます。
<皮膚筋炎>
筋肉の症状と同時に特徴的な皮膚の症状も現れます。

下記のように皮膚に症状が現れます

⬇︎
ステロイド剤で炎症を鎮める
(対症療法)
⬇︎

副作用

全ての膠原病治療に 核酸医薬が期待される

(栄養療法)

公害・金属ナノ粒子原因説

近年の地球温暖化説(現在は気候変動と呼称)に則ったジオエンジニアリング(気候工学)という先端技術により、"地球を金属ナノ粒子で覆い、太陽光を遮断する"ことが実験的に行われています。これで使われる化学物質、例えばアルミニウム、バリウム、ヨウ化銀などが降り注いだ結果、それを何らかの形で取り込んだ人体に悪影響をもたらしているという論文が欧米で複数出ています。

参考
温暖化対策の切り札?気候を操作するジオエンジニアリング
https://is.gd/51XdTm

音声が無く申し訳ございません。NHKがネット上からこの動画を全て削除しました。

ブレイロック博士がジオエンジニアリングに警鐘鳴らす
(画像を押すとニコニコ動画へ)

神経外科医ラッセル・ブレイロック博士「脳に蓄積されたアルミニウムが様々な慢性炎症を引き起こし、脳障害(アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症など)の原因となっている」

地球物理学者J・マーヴィン・ハーンドン博士、御用学者がタブーにする脳障害アルミニウム起源説を提唱
カレントサイエンス誌に「秘密裏に行われている地球温暖化(気候変動)対策のジオエンジニアリング(気候工学)活動で使用しているアルミニウムが人体と地球の生物に害を与えている」と題した論文を発表

ヨウ化銀を空にばら撒く中国

⬇︎
金属ナノ粒子の排泄にミネラル必須
⬇︎
亜鉛・セレンなど微量ミネラルはそもそも食事で摂取が難しいです。さらに胃腸障害で消化吸収能力が衰えた病気がちな体。人間の体がバランス良く豊富に微量ミネラルが摂取できる栄養補助食品があります。
⬇︎

栄養補助食品

栄養素は全て「小腸」から吸収される

加齢などで消化不良が続くと「慢性的な栄養不足」になります。車に例えれば、エンジンオイルもガソリンも無い状態です。牡蠣肉エキスのバランスターWZやスピルリナのリナグリーン21プレミアムは、小腸からの栄養素の吸収率が95%とほぼ100%に近い天然素材の栄養補助食品です

桶理論

数種類のビタミン・ミネラル・アミノ酸をバラバラに摂って、体づくりはできません。下図の桶理論は、牡蠣肉エキスのバランスターWZやスピルリナのリナグリーン21プレミアムでバランス良く代謝栄養素を摂って初めて、体づくりができることを表しています。

有害物質の排泄を促す

ファスティングとは

ファスティングとは、欧米であらゆる疾患の治療に補完的に利用される自然治療法で、特に西洋医学・標準医療で助からないとされる病気の治療に昨今日本でも用いられています。所謂断食と似た食事療法です。胃を休めることで一種の飢餓状態をつくり、正常細胞に異物細胞を自食させるオートファジーという人間が元来持っている免疫機能です。